横浜市中区・西区の不動産や相続のことは、ハウス・アンド・ランドにお任せ!税理士や司法書士、弁護士、銀行とチームで解決!

実際にあった遺産相続「売れない不動産」を相続してしまった等 全4話

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

不動産の相続において実際に起こった事例をご紹介

不動産を相続すると、色々な問題が生じることがあります

今まで仲が良かった兄弟姉妹や親戚同士でも、相続に直面すると、急にいがみ合うことも多々あるのです
揉めてしまうことで余計な費用は掛かりますし、ストレスも増えますし、良いことはないでしょう

今回は、予め円満でスムーズな不動産相続の備えとして、実際に起きた不動産相続トラブルの事例を紹介していきます

ケース1.売れない不動産を相続してしまったケース

Aさんは、東京で妻と子供2人の4人暮らしをしていて、地方に父親が一人で住んでいました。

Aさんは、父親との折り合いが悪く、ずっと疎遠になっていましたが、父が亡くなったことを受け、父親が住んでいた家と、400坪もある土地を相続しました。

Aさんは、田舎に戻るつもりはなかったため、こちらの家と土地を売却しようと考えたのですが、なにぶん土地が400坪と大きかったため、不動産会社に売却しようと考えました。
しかし、不動産会社が土地を購入できるようにするためには、開発に必要な4mの道路を作ることが必要だと分かり、道路を作るには、近隣の方々の協力をお願いしなければならなくなりました。

長年、Aさんのお父さんは、近隣との接触がないばかりか、土地をきちんと管理していなかったため、土地には雑草が生い茂り、また不法投棄を度々されるようになり、近隣からかなりの苦情が来ていたのです。
近隣の方々は、度々、Aさんのお父さんに、なんとか土地を綺麗に保つようにお願いしたのですが、Aさんのお父さんはこの苦情を無視し続けていたのです。
.そのため、Aさんが土地の売却のために、近隣の方々に協力を求めても、近隣の方々は、首を縦に振ってくれません。

Aさんは、結局、土地を売却することができず、そのまま売れない不動産を持ち続けるという結果となってしまいました。
不動産を持ち続けるということは、固定資産税を払い続けるということです。

これ以上近隣に迷惑をかけないためにも、Aさんは、度々、田舎に帰って、土地を綺麗に片付けるということをしなければならないでしょう。
Aさんがそのまま放置してしまうと、今度はそれを相続するAさんの子供にまで、迷惑がかかってしまうからです。

土地を相続するのであれば、その前に、どのように対策をしていくかを決めておかねばなりません。
「自分の土地なのだから、他人など関係ない」と高をくくっていると、痛い目にあいます。

土地を手入れせずに放置していると、雑草が生い茂るだけでなく、猫などの動物が住みついて悪臭がするようになったり、不法侵入者が現れて、犯罪の温床となったり、景観を乱したりするようになります。

当たり前のことですが、近隣の方々に迷惑をかけないという心がけが、何より重要だと言えるのはないでしょうか。

引用元:不動産相続の相談窓口
https://fsouzoku.jp/casestudy/post_42.html

ケース2.名義変更をしていなかったために相続に時間がかかってしまったケース

70代の女性Bさんは、所有している広大な敷地の土地を、ある企業から購入したい旨を伝えられました。

実際には、その土地は、Bさんの所有ではなく、平成21年に死亡したBさんの夫のお父さんの名義のものでした。
Bさんの夫のお父さんは、昭和50年に亡くなられたのですが、亡くなられた後、土地の名義をBさんの夫に変更をしないまま、現在に至っていたのでした。

Bさんの夫と彼のお父さんは、戸籍上では血の繋がりのない親子でした。

しかし夫の父が生前に、「死んだらお前にこの土地をやる。」という事を、Bさんの夫にかねがね話していました。

そこで、昭和50年から所有の意思を持って、Bさんの夫が、土地を占有していて、時効取得をした。という内容の裁判を起こすことになりました。

このケースでとても大変だったことは、土地の相続の名義変更を速やかに行わなかったために、相続に関係する人が、Bさんの夫の兄弟姉妹、兄弟姉妹の子、孫などと増えてしまっていたことです。
兄弟姉妹だけでも10人存在しており、子や孫を合わせると、60人以上となりました。

その結果、取り寄せた戸籍謄本の数は、200通以上となったのです!

裁判は、Bさんが法廷に立つという本人訴訟の形で行われました。
事前に、相続に関連している60名の方々に、丁重なお手紙をお送りしていたために、誰一人争わない形で、裁判が進んでいき、無事、Bさんが勝訴して、土地の名義変更をBさんの夫へ変更することができました。
その後、Bさんに名義変更をし、無事、企業に土地を売却することができました。

60名の方々にお手紙を送付しましたが、中には郵便が返ってきてしまうケースもあったので、付郵便送達で再度送付をしなければなりませんでしたし、また、何人かは、他県にお住まいの方もいらしたので、遠方まで現地調査をしなければならないこともありました。

結局、このケースでは、Bさんが司法書士に相談してから、無事に解決するまで約9ヶ月間もの日数がかかってしまいました。

不動産の登記の名義変更は、期限がないため、ついつい後回しにしてしまいがちです。
今回のケースの様に、名義変更を後回しにしてしまうと、相続人が増えてしまって、名義変更までとてつもない労力と時間がかかってしまう事が多くあります。

相続人が増えるだけでなく、相続人の中には遠方に住んでしまうこともありますし、仲が疎遠になったりすることもあります。
そうなると、中々、名義変更に協力してもらいづらくなってしまうので、土地の相続の可能性が出てきたら、早めに対処しておくことも重要です。

よく、相続した現金は、すぐに分割できるけれども、どうしても不動産は分割できないという理由で、兄弟姉妹で共有するという結論を出す場合があります。
この場合も、結局年数を経ると、相続人が増えてしまう結果となります。

子や孫の世代に、諍いを起こさないためにも、土地などの不動産の相続は早めに対処して、かつ名義変更も迅速に行うようにしてください

引用元:太田原相続遺言相談室
https://otawara-souzoku.com/news/news-478/

ケース3.協力してくれない親族のために名義変更に時間がかかったケース

土地の名義変更をすぐに行っていなかったために、名義変更に時間がかかったケースなのですが、
今回は、親族の中に協力してくれない人がいたために、調停・審判を行って解決したお話です。

Cさんは、60代の男性で、土地と農地、山林を所有しているのですが、それらの名義が、昭和50年代に死亡したCさんの祖父のままになっていました。

実は、Cさんは、祖父が亡くなった際と昭和60年代の2回に渡って、司法書士に頼んで名義変更をしようと試みました。
しかし、Cさんの叔父だけが、協力してくれず、名義変更できないまま、現在に至っていました。

Cさんの叔父が今回も、不動産の名義変更に協力してくれるとは思えなかったため、裁判所に遺産分割の調停申立を行うことになりました。
協力的な親族からは、「相続分譲渡証」と「脱退届」に署名と押印をしてもらいました。

また、過去に名義変更をしようとして、親族から集めた署名・押印がされている書類なども資料として、一緒に裁判所に提出しました。
そして、協力的な親族も含む10数名の相続人を相手方として、「遺産分割調停申立書」を裁判所に提出したのです。

調停の日に叔父は現れることはなく、裁判所は提出した資料を調べた上で、「調停に代わる審判」を出しました。
この審判書は、相続人全員の元へ送付された2週間後から効力が発生するのですが、一部の親族たちが、審判書の受け取りを拒否してしまいました。

調停に代わる審判は、調停と同じ意義を持つものなのですが、調停はその日に効力が発生するのに対し、調停に代わる審判は、相続人が受け取ってから2週間となっているので、相続人が受け取らない限り、効力が発生しないという事になってしまうのです。

しかし、そこに住んでいるのに、「わざと受け取らない」という卑劣な方法を使って、大切な審判の効力を発生させないという行為が決して許されることはありません。
郵便局には、「付郵便送達(ふゆうびんそうたつ)」という便利な制度があり、郵便局から書留郵便で発送された時点で、相手方に届いたとみなすことができるという郵便があります。

裁判所に付郵便送達をしてもらうために、司法書士事務所のスタッフが、審判書を受け取らない親族のところへ現地調査に向かい、写真付きの調査報告書を裁判所に提出しました。
そして、これらの親族が故意に審判書を受け取っていないという旨を裁判所に報告したおかげで、裁判所に付郵便送達を出してもらうことができました
そして、晴れてCさんは、長年の夢であった、土地や農地、山林を、祖父の名義から自分の名義に変更できたわけです。

あまり仲が良くない親族であっても、相続など色々なトラブルに備えて、関係を保っておくことは大切なことです。
しかし、Cさんのケースのように、どうしても悪意でしか対応してこない人もいます。

その場合は、決して泣き寝入りせず、司法書士や弁護士などの相続のプロに相談して、解決に導くようにしてください。
時間や労力はかかると思いますが、助けてくれる人はいますから、安心してください。

引用元:太田原相続遺言相談室
https://otawara-souzoku.com/news/news-1002/

ケース4.亡くなった事実婚の夫に前妻の子がいたケース

Dさんは、事実婚の夫と20年連れ添い、その間二人で、小料理屋を繁盛させていました。
とても仲睦まじい夫婦として、近所でも大変有名だったそうです。

しかし突然、Dさんの事実婚の夫が急死。
葬儀をなんとか済ませたあと、Dさんの夫の前妻の子が訪ねてきました。
Dさんの夫は、Dさんとの生活を始める前に、一年間ほど、他の女性と結婚生活を送っており、その女性との間に一人の息子がいたのです。

結局、籍を入れていなかったDさんは、法定相続人となることはできず、夫と二人で築いた不動産などの財産を、前妻の息子に奪い取られてしまいました

どんなに生前に仲良くしていても、現行法では事実婚の妻は、相続人とはなれないのです。
もし事実婚の場合は、生前に遺言書を作成するなどの対処をしておくべきでしょう。

引用元:幻冬社 GOLD ONLINE
https://gentosha-go.com/articles/-/24715

まとめ

今回は、相続トラブルの一部をまとめてコンテンツにしました。

過去の相続トラブルに学び、円滑な相続手続きが出来るようにと願いを込めました。

早めに準備をして損をすることはないでしょう。

皆様の円満な相続の一助となれば幸いです。

●監修 ハウス・アンド・ランド・サロン