横浜市中区・西区の不動産や相続のことは、ハウス・アンド・ランドにお任せ!税理士や司法書士、弁護士、銀行とチームで解決!

はじめての相続の方は必読!【遺産分割協議】についてをわかりやすく解説

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

1.今さら聞けない遺産分割協議とは?

遺産分割協議とは
簡単に言うと、相続の話し合いのこと

相続する人数が一人であれば、そのまま相続できますが、兄弟がいる場合には相続の金額を分けて相続することになります。

その際の話し合いのことを遺産分割協議と言います

遺産分割協議は、全員がその金額や物で合意することができれば、スムーズに終わりますが、合意をされない場合やどういった内容で合意したのかを確認しておかないと、のちにトラブルになる可能性もあります。

そのために作られるのが遺産分割協議書で、ある意味の「契約書」になります。

契約書ではありますが、契約書通りにしなかったとしても罰則はありませんが、もし誰かが遺産分割協議したにも関わらず、不動産を売ってしまったり、他人に貸してしまったりした事例もあり、自分の相続以外の預金を下ろしてしまう可能性もあります。

しかし遺産分割協議書があることで、相続の正当な権利者ということを証明し、返還を求めることができます。

法的な効力に近い証明ができるので、遺産分割協議書は必要です。

遺産分割協議は相続が発生した段階で、相続人全員で話し合いをするものですが、遺産分割協議書は話し合いの際に意思確認ができたので作成しない、面倒くさい書類なので作成しなかったという人も少なくなく、制作しなかったせいで、そのあと金銭トラブルで大変なことになってしまったという人もいます。

相続はそれでなくてもトラブルになりやすいものです。遺産分割協議書は必ず作成しましょう。

2.遺産相続3つの方法を紹介します

MEMO
相続といえば、単純にお金を受け取るイメージの人もいるかと思いますが、相続にはプラスやマイナスの財産(借金などの債務)もあります

そのマイナスの財産はもらいたくないでしょうし、そういった場合では相続するのを拒否することもできます。

そこで3種類の遺産相続を紹介します。

単純承認

プラスの財産もマイナスの財産もすべての権利や義務を相続します。

一般的に行われている相続は、この「単純承認」になります。

ただ、この単純承認はややこしくなることがあり、借金がある場合には、相続の人間で割り振りすることができますが、その割合は債権者に主張ができなくなっています。

もし一人の相続人から債務全額を回収することができなければ、他の相続人に請求することができてしまうのです。

限定承認

マイナスの財産をプラスの財産から相殺できるという相続の方法です。

あまり一般的ではありませんが、被相続人のプラスとマイナスの財産がどれくらいあるかわからない場合には有効な手段と言われています。

プラスの財産の範囲内なので、マイナスの財産を引き継ぐ可能性が少ないです。

ただ、手続きがどの相続よりも面倒なので、一般的ではありません

相続放棄

その名の通り、相続をすべて放棄することを言います。

マイナスの財産の方がプラスの財産よりも多い場合に用いられます

特に大きな借金を抱えた(事業や不動産)人の場合は多く用いられる手段です。

相続放棄には条件があり、被相続人の死亡を聞いて自分が相続人になった時点から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てしないといけません。

3ヶ月以内に申し立てしなかった場合は単純承認をしたことになってしまいます。

申し立てをする家庭裁判所は、被相続人の住民票のあった家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。

さらに家庭裁判所から相続放棄の決裁が1か月くらいかかるので、早めに相続することを決め、申請する方がいいです。

相続放棄の書類は、すべての財産を記入し、マイナスの財産が多いことで申請する場合が多いです。

プラスの財産があるのに、色々な事情から相続の放棄したい場合も、相続放棄ができる場合もあります。

 

関連記事

『無料とはいかないどころか相続放棄には100万円程度かかる?』押さえておきたい相続放棄の注意点

3.日本人の金融資産の統計割合

「家計の金融行動に関する世論調査(金融広報中央委員会)」に基づくデータです。


金融資産とは、預貯金(日常的な出し入れや引き落としに備えている部分は除く)や、生命保険、債券や株式、投資信託などの有価証券等のことを指し、不動産等の資産は除きます。

なお、その報告書の中で、70代以上は金融資産を「2000万~3000万円未満」が9.6%、「3000万円以上」が18.3%。金融資産「1000万以上で見ると全体の42.2%にものぼります。

その反面、「500万円以下」が11.4%と一割を占め、さらに金融機関保持が28.6%とかなりの人に貯蓄がないといった傾向があるようです。

日本全体では、3000万以下の資産は4,203万世帯と多く、超富裕層と呼ばれる5億円以上の層も8.4万世帯と思った以上の世帯が多くの資産を持っていることがわかります。

このデータはあくまでも金融資産調査に基づくため、不動産による資産を含めると日本社会では豊かな生活をしている人も多いことがわかります。

その人たちの資産がどういた形になるかはわかりませんが、これからこれだけの人たちの相続が発生することになるのです。

4.円満な遺産分割協議をおこなうためには

円満な遺産分割協議をおこなうためには?
法律に強い第三者がズバリ中に入ること

大きなプラスの相続の場合も、マイナスの相続が多い場合にも、相続のトラブルは多いです。

お金が絡むということは、例え血を分けた兄弟だったとしても争いになる可能性の高いものです。

そうならないために、円満な遺産分割協議を行うためには、どうしたらいいのでしょうか。

相続するものがわからない場合は、弁護士や司法書士に依頼するのが賢明です。

お金がかかる話にはなりますが、第三者で法に強い人が入ることがトラブルを未然に防ぐ方法です。

ただ、自分たちで遺産分割協議をする際には、情報をしっかりとつかんだうえで行うことが円満になる一歩です。

「遺言書はあるのか?」

「相続人は誰なのか?」

「財産調査(資産と負債も)」

その上で、オン・ザ・テーブルにすることで話し合いをしないと、何かを隠し持っていると疑われてあとからトラブルになることも多いです。

兄弟でいえば、跡をついでいるからとか、介護をしてあげていたなど、色々な環境や状況もあるので、そこも踏まえて話をすることは大切です。

その中でもし話し合いにならなければ、家庭裁判所での調停という事になってしまうので、円滑にいけるような話し合いの場があるといいでしょう。

家庭裁判所での調停でも合わない場合は、資産分割審判というので裁判官が資産分割の方法を決定することになります。

もし、自分の子供が自分の財産を相続することになった場合、親としてトラブルを起こさないようにするには、法的な効力のある遺言書を書くことをお勧めします。

また子供からは言いにくいですが、遺言書や相続の関係をよく話し合っておく必要もあります。

今、「終活」というのをよく目にしますが、最後に相続しやすいようにして自分がこの世を去った時も子供たちがいい関係のまま過ごせるよう配慮することも「終活」の一つですね。

お金の切れ目が縁の切れ目にならぬように、相続はいつか誰もが起こることなので事前準備は必要ですね。

5.まとめ

相続にはトラブルが多々あります。

自分たちが起こそうと思って起こしているトラブルではありませんが、お金が絡むと問題は大きくなります。

大きな資産があり相続金額が大きい場合も、または債務など借金がある場合にもトラブルは起こります。

それが例えば兄弟であっても起こりえるし、兄弟だからこそあり得るトラブルになることもあります。

トラブルに巻き込まれないことはもちろん、相続が円滑にいくような方法をとることで相続に対する負担は少なくなってきます。

争いごとをなくすために「遺産分割協議」など法律として有効な部分をフルに活用し、スムーズな相続ができるよう、自分たちの納得のいく相続のままでいけること、またトラブルに巻き込まれないように、事前に知っておくことなど事前準備は必要です。

関連記事

『弁護士相談する前に必読!』相続で揉める9の原因と揉めないポイント

●監修 ハウス・アンド・ランド・サロン